エコ・ビレッジ

公開日: |最終更新日時:

木材会社からスタートしたエコ・ビレッジ。木材の持つ良さを活かして住まいを作り上げるエコ・ビレッジはどんな会社なのかを見ていきます。

エコ・ビレッジの住宅性能をチェック

標準が高い性能を持っている

エコ・ビレッジでは基礎は防湿性の高い耐圧ベタ基礎、4寸角国産材の柱・構造用高耐力ボードと筋交い併用で高耐震壁、さらに木造住宅用制震装置「Mamory(マモリー)」で大きな地震にも耐える力を備えます。

高価な断熱材も標準仕様

木造にこだわるため、木が腐らないように羊毛断熱材を標準採用。羊毛断熱材は壁体内結露防止効果に優れ、カビやダニの発生を抑える働きを持っています。空気浄化性能や吸音特性もあり、リユース可能な素材を使用して人にも環境にも優しい家づくりをしています。

住宅に欲しい高機能・高性能を標準仕様として提供可能なエコ・ビレッジ。高い性能を求めるとオプションで価格がどんどん上がるのが難点・・・という方にはオススメなメーカーさんです。

注文住宅の性能は
「標準仕様」を要チェック

各社自慢の性能はどれも魅力的。でも、中にはオプションで追加費用がかかることも。
家づくりでは、スタートの予算より高くなってしまったという人が多いですが、こういったオプションで価格が上がってしまうパターンがほとんどなんです。
予算内でおさめるために、はずせない性能が「標準仕様」に当てはまるか、しっかり確認しておきましょう。

福島で賢く建てる注文住宅!
標準仕様に自信ありの2社を
厳選紹介

エコ・ビレッジの口コミ

エコ・ビレッジの住宅デザイン

二面性と性能を併せ持つデザイン

シンプルかつコンプレクシティを持ち合わせ、さらに高性能な住宅がエコ・ビレッジの提案する住宅デザインのメインテーマです。日本の伝統的な美しさや機能性も取り入れ、現代の暮らしに合った心地よくスタイリッシュな住まいづくりをしています。

エコ・ビレッジの注文住宅事例

エコ・ビレッジ施工事例
引用元HP:エコ・ビレッジ公式HP
https://www.eco-vnet.com/works/no-15/
和室もモダンに

ブルーの琉球畳が美しいモダンな和室。使用している杉材はダークブラウンに塗装されています。間接照明で夜になるとまた違った表情が楽しめます。

エコ・ビレッジ施工事例
引用元HP:エコ・ビレッジ公式HP
https://www.eco-vnet.com/works/no-09/
和と洋の雰囲気でリラックス

天井が高く広さが感じられるLDK。キッチンカウンターの下は食器などが収納できるスペースです。畳スペースにはベージュとブラウンの琉球畳を使用しています。

エコ・ビレッジの店舗概要と展示場情報

美しさと高性能を両立させた「デザインハウス・クラスA」木の美しさとぬくもり、そして飽きのこないデザインに心地よさを備える「クラスAプラス」、家事動線に優れ大開口と吹き抜けで大空間LDKを実現した「グランプラス」のモデルハウスが見学可能です。

FTVハウジングプラザ展示場

仙台新展示場

エコ・ビレッジ福島支店の会社情報

いわき市で注文住宅を建てられる
工務店・ハウスメーカーを見る

   高性能な住宅が予算内で建つ!
コスパ重視
注文住宅会社を厳選

注文住宅を賢くお得に建てたいなら、チェックすべきは「モデルハウスが標準仕様」の会社。福島で該当したのは2社のみ!標準仕様に自信たっぷりの2社を紹介します。

石井工務店
注文住宅の費用例
2,100万円 /35坪
60万円/坪

※本体価格だけでなく、工事費も含んだ費用目安です。

どんな家が建つ?
公式HPで
注文住宅の事例をチェック

電話で問い合わせる

一条工務店
注文住宅の費用例
2,594万円 /35坪
74万円/坪

※本体価格だけでなく、工事費も含んだ費用目安です。

どんな家が建つ?
公式HPで
注文住宅の事例をチェック

電話で問い合わせる

 

※2020年5月に各社に問い合わせて確認した費用を掲載しています。
※福島県(福島・郡山・いわき)全域にモデルハウスをもつ工務店・ハウスメーカー10社のなかで、「モデルハウスが標準仕様」と公表している会社を紹介しています(2020年5月時点)。