ローコスト住宅について

公開日: |最終更新日時:

ローコスト住宅とは

ローコスト住宅とは、材料費・人件費・広告宣伝費・諸経費などを抑えることで低価格で提供している住宅を指します。基本的に1000万円台で建てられることが多く、ライフスタイルに合わせて住み変えたい方に向いています。間取りや内装・設備に関してはある程度決まっているプランの中から選ぶ形になるので自由度は低めです。必要があればオプションである程度選択することが可能な場合が多いです。

ローコスト住宅の価格はどのくらい安い?

ローコスト住宅は基本的に1000万円台の住宅のことを言います。

ローコスト住宅以外の場合に住宅金融支援機構の「2018年度フラット35利用者調査」によれば、全国平均で建築費用は約2800万円・土地取得費用は約1333万円となっています。

これを考えると、ローコスト住宅は全国平均に比べて約1800万円安くなる計算になります。

ローコスト住宅の坪単価は?

ローコスト住宅の場合、坪単価は約30~50万円となっています。一般的な住宅の場合には坪単価50~60万円となっており、大手メーカーのグレードの高い住宅の場合にはさらに高くなり70~80万円となっています。

そのため、ローコスト住宅と一般住宅の場合は最大で30万円安く建てることができ、大手メーカーのグレードの高い住宅の場合は最大で50万円安く建てることができます。

コスト住宅のメリットとデメリット

ローコスト住宅のメリット・デメリットについてまとめました。良い面も悪い面も理解してローコスト住宅を検討してみましょう。

メリット

安い

ローコスト住宅では、材料費や人件費・広告宣伝費・諸経費を抑えることができ、安価に住宅を提供することができます。

例えば1300万円で土地を購入した場合であっても、一般的な住宅を建てると約2500万円かかりその分ローンの返済期間や月々の返済額が高くなりがちです。

しかしローコスト住宅であれば、同じ費用で土地を購入しても建築費用が1000万円台なので、安くなった分だけローンの返済期間や月々の返済額の負担を減らすことができます。

建て替えがしやすい

ローコスト住宅は費用が安く済みます。そのため、ライフスタイルに合わせて家を買い替えたい方にもおすすめできます。

逆に言えば、ローコスト住宅は長く同じ家に住みたい方には向かない住宅でもあります。

ローコスト住宅は、建て替えを行う上でのハードルが低くなります。

建築の期間が短い

一般住宅は工期が約4~6ヶ月かかりますが、ローコスト住宅は工期が約2~3ヶ月となっており、最大で4ヶ月間ほど短くなることになります。

ローコスト住宅の工期が短くなる理由としては、事前に使用する材料を加工しておいて現場で組み立てるだけの状態にしている点が挙げられます。この方法にすることで大工さんが1から作る住宅よりも早く組み立てることができます。

デメリット

耐熱・耐震・耐久性が低い

ローコスト住宅であっても建築基準法に定められた基準に合わせて建てるため、最低限の品質は確保された状態で建てることができます。しかし、大手のハウスメーカーのような高気密・高断熱や耐震等級3などといった性能にこだわった住宅に比べると品質は落ちてしまいがちです。

耐熱・耐震・耐久性が低くなってしまうのは、高い性能を求めている方にとってはデメリットといえそうです。

自由度が低い

ローコスト住宅では、間取りや設備・内装が決められているものの中から住宅を選んで建てる形をとっています。そのため、1から作る住宅に比べて自由度は低くなってしまいがちです。

また、キッチンやお風呂などの設備に関するグレードも低いものを多く扱っています。しかし、グレードは低くなっていても標準仕様に採用しているのは大手メーカーのものが多いので十分に満足できるかもしれません

オプションが高い

ローコスト住宅では、標準仕様以外やグレードの高いモデルをオプションで選べることになることが多いです。しかし、オプションを選んでいくと費用がどんどん高くなっていってしまうこともあります。あまりオプションを細かな部分にまで設定していってしまうと自由設計で建てた時と同じくらいの費用が必要になることもあるので注意が必要です。

費用がかさんでしまうとせっかくローコスト住宅にしたのに予算を超えてしまうので、オプションには注意が必要です。

保証期間が短い

大手のハウスメーカーの場合には法律で義務化されている10年の保証期間以外にも30~60年間の独自での保証期間がついている場合があり、建てた後も安心して過ごすことができます。

しかし、ローコスト住宅の保証期間はこれと比べると、多くの会社で短めになっている傾向があります。中にはローコスト住宅を扱っていても35~60年間の補償を設定しているハウスメーカーがあり、サービス内容もそれぞれ設けているので確認してみることが大切です。

補償期間が短いのがデメリットですが、しっかりと保証してくれる会社もあるのでしっかりチェックしてみましょう。

コスト住宅を建てる時の注意点

ローコスト住宅を建てる場合に知っておくべき注意点についてまとめました。購入時に後悔しないためにも事前にチェックしておきましょう。

ローコスト住宅の相場を知っておく

ローコスト住宅を建てる際には相場を知っておくことが重要です。坪単価は大体30~50万円が相場となっています。しかし中には、1000万円の資金で建てることを宣伝として書かれていても広さによって、さらに多くの費用が必要になる場合もあるので注意することが大切です。

複数社を比較する

ローコスト住宅を扱う会社によって扱っているプランや設備が異なります。そのため、プラン内容や費用に関してはいくつかの候補の会社を探して比較することが大切になります。坪単価が同じであっても外構工事やオプションにかかる費用に差があるのでチェックしてみましょう。

契約する前にプランをしっかり確認する

ローコスト住宅では、契約後にプラン変更すると追加料金が必要になって予算以上の費用が必要になったり、工期が予定よりもかなり伸びてしまう可能性が出てきます。契約する場合にはプラン内容や費用に関して事前に確認をすることが大切です。

ローコスト住宅に強い福島の工務店

福島の中でローコスト住宅に強い、おすすめの工務店をピックアップしました。会社選びをする際の参考にしてみてください

【2000万円~】石井工務店

女性コーディネーターのアイデアを基に「女性が考えた女性のための家」をコンセプトにしています。暮らしやすい住まいを提案することを大切にしており、10以上の国内メーカーの住宅設備から好きなものを選べる「フリーチョイス」を採用しています。

容量の大きな収納や二世帯でリラックスできるリビングなど、同居に焦点を合わせて必要な設備を揃えることも可能です。

本社所在地 福島県郡山市田村町守山字三ノ丸33
施工可能エリア 福島、栃木、群馬

モデルハウス・ショールームの場所

【2000万円~】一条工務店

一条工務店は、住宅性の高さを追及している会社です。業界の中でも屈指の性能・コストパフォーマンスを兼ね備えた住まいを建てています。

また、一条工務店では2世帯の家族が互いに快適に過ごせる空間を持ちつつ、家の中の温度や家族全員が心地よく過ごせる性能も備えた住宅を提供しています。

本社所在地 東京都江東区木場5-10-10
施工可能エリア 全国

モデルハウス・ショールームの場所

   高性能な住宅が予算内で建つ!
コスパ重視
注文住宅会社を厳選

注文住宅を賢くお得に建てたいなら、チェックすべきは「モデルハウスが標準仕様」の会社。福島で該当したのは2社のみ!標準仕様に自信たっぷりの2社を紹介します。

石井工務店
注文住宅の費用例
2,100万円 /35坪
60万円/坪

※本体価格だけでなく、工事費も含んだ費用目安です。

どんな家が建つ?
公式HPで
注文住宅の事例をチェック

電話で問い合わせる

一条工務店
注文住宅の費用例
2,594万円 /35坪
74万円/坪

※本体価格だけでなく、工事費も含んだ費用目安です。

どんな家が建つ?
公式HPで
注文住宅の事例をチェック

電話で問い合わせる

 

※2020年5月に各社に問い合わせて確認した費用を掲載しています。
※福島県(福島・郡山・いわき)全域にモデルハウスをもつ工務店・ハウスメーカー10社のなかで、「モデルハウスが標準仕様」と公表している会社を紹介しています(2020年5月時点)。