福島で建てるおすすめ注文住宅ガイド「ふくしま快家」 » 福島で注文住宅を建てるなら知っておきたい基礎知識

福島で注文住宅を建てるなら知っておきたい基礎知識

公開日:|最終更新日時:

福島県で注文住宅を建てる場合に、ぜひ知っておきたい家づくりに関する知識について紹介します。

価格相場や住宅メーカーの選び方、間取りの決め方や断熱性能など、快適な家を実現するためのポイントも解説していますので、福島で注文住宅を建てたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

注文住宅の価格相場

家を建てる人なら誰もが気になる「費用」について解説しているページです。福島県で注文住宅を建てる場合の相場や土地価格の目安のほか、予算を考える上で知っておきたい「総費用」の考え方についても紹介しています。

はじめの予算に組み込むのを忘れていたせいで後から計画を変更せざるを得ない、といったことにならないように、あらかじめチェックしておきたい部分をまとめています。

注文住宅の価格相場

失敗しない注文住宅メーカーの選び方

理想の家を建てるには、どの注文住宅メーカーに依頼するかも大切なポイントです。そこで、メーカー選びをする際にぜひ押さえておきたいポイントについて紹介。工法や予算、アフターサポートなどそれぞれのこだわりポイントについて解説していますので、どんなところに注目したら良いかをチェックしておきましょう。

さまざまなメーカーを比較して、理想を叶えてくれそうなところを選んでください。

失敗しない注文住宅メーカーの選び方

福島で建てるおすすめの
注文住宅工務店・ハウスメーカーはここ!

二世帯住宅について

異なる世帯が同居する二世帯住宅。この記事では、二世帯住宅を考える際のポイントや、福島県で二世帯住宅を得意とする工務店・ハウスメーカーを紹介しています。

二世帯住宅の種類や、ストレスを感じない二世帯住宅の考え方などについて解説していますので、検討中の方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

二世帯住宅について

福島県の地盤の状態は?

安心して長く暮らせる住宅を建てるためには、その土地の状態を調べる地盤調査が必要です。地盤を調査し、もし問題がある場合には地盤改良の工事が必要になるため、あらかじめ予算に組み込んでおくことも必要でしょう。

この記事では、地盤調査とはどのようなものなのか、具体的にどんな方法で地盤そして福島の地盤について紹介しています。

福島県の地盤の状態は?

間取りの決め方について

住まいの間取りは、快適に過ごせる住まいになるかどうかを決める重要な要素です。欲しいものばかり詰め込んでしまうと使いにくい家になってしまった…ということも。

そこで、過ごしやすい家を作るための間取りについて解説。間取りを考える上でのポイントや、どんな考え方をすると失敗したと感じがちなのかといったことについて紹介します。間取りをどうやって考えたら良いか悩んでいる方は特に参考にしてみてください。

間取りの決め方について

自由設計と規格住宅の違い

家を建てる際、自由設計と規格住宅のどちらにしようか迷ってしまうこともあるでしょう。そんな方のために、それぞれのメリットやデメリットを交えながら説明します。

自分たちの家づくりには、自由設計が良いのか、それとも規格住宅の方が合っているのかという点を考えながら読んでみてください。

自由設計と規格住宅の違い

断熱性能について

快適な住宅を実現するためには、断熱性能も大切な要素となってきます。そこで、断熱性能とはどのようなものか、断熱性能を高めるためにはどうすれば良いのかといった点について解説しているページです。

住まいの断熱性能についてしっかりと押えて、住みやすいマイホームを手に入れましょう。断熱材についても紹介しています。

断熱性能について

長期優良住宅とは?

長期優良住宅とは、長く安心して住める性能を備えた家のことを表します。耐震性や劣化対策といった認定基準をクリアした住宅であり、減税措置や金利引き下げ、地震保険料割引などのメリットもあります。

ただし、長期優良住宅の認定を受けるためには、着工前の申請認定と完成後の定期的な点検が必要です。

長期優良住宅とは?

福島で家に太陽光発電は必要?

福島県では、太陽光発電の導入実績が増えています。太陽光発電を設置することで光熱費削減や売電収入などを期待できます。卒FIT後も自家消費や蓄電池の導入によって得られるメリットがあるため、ぜひ太陽光発電の設置を検討しましょう。

なお、新築時に設置する場合と後から設置する場合では、メリット・デメリットが異なります。そのため、希望に合ったタイミングで導入するのがおすすめです。

福島で家に太陽光発電は必要?

雪国福島の家造りポイント

雪国である福島では家造りにおいて留意すべきポイントがあります。

たとえば気密性や断熱性を高めていない場合、快適に過ごせない家になってしまう可能性があります。高気密・高断熱の家では「夏涼しく冬暖かい」室内を実現できるため、寒さの厳しい冬でも快適な室温をキープできるでしょう。

また、多雪区域である福島は積雪も多いため、積雪の重みに耐えられる設計も重要です。

雪国福島の家造りポイント

ハウスメーカー・工務店・設計事務所の違いは?

ハウスメーカーや工務店、設計事務所では、建築コストや設計の自由度などに違いがあります。それぞれにメリットとデメリットがあるため、自分の希望や要望に合った会社を選ぶことが大切です。

たとえば「自由設計が良いけれど、建築コストは抑えたい。地域について熟知していると嬉しい」という方は、工務店への依頼がおすすめです。

ハウスメーカー・工務店・設計事務所の違いは?

中通りエリアの
家づくりのポイントは?

山地に囲まれた盆地エリアだと夏は暑く・冬は寒いだけでなく、昼夜の温度差も激しくなります。そのため高気密・高断熱住宅やZEHのつくりがおすすめ。また福島市などのエリアは積雪も多いため高断熱や無落雪屋根のある住宅が向いています。無落雪屋根があれば雪下ろしに関するメリットはありますが、太陽光が設置できないといったデメリットも。

中通りエリアの家づくりのポイント

浜通りエリアの
家づくりのポイントは?

浜通りは福島の太平洋側沿岸エリアを指し、福島県内の中でも温暖な気候となっています。海風によって涼しい風が吹くので、夏でも比較的過ごしやすいでしょう。ただ海そばに家を建てるのであれば、塩害対策を講じる必要があります。塩害によって金属の腐食・塗料の劣化などのリスクが高まるため、塩害に強い素材や構造などに配慮した家づくりを行いましょう。

浜通りエリアの家づくりのポイント

会津エリアの
家づくりのポイントは?

会津地方での家づくりでは、湿度と降雪への対策が必要です。湿度対策では、家の気密性を高めることや湿性能の高い材料を使用することがポイント。また、高気密で高断熱の家は室内の空気が逃げにくく外の寒さの影響を受けにくいため、寒い雪国でも快適な室内を実現しやすくなるでしょう。雪に強い屋根にして雪の重さに備えることも大切です。

会津エリアの家づくりのポイント

福島で台風・浸水に強い
家づくりをするには?

台風の風に強い家にするためには、窓にシャッター・雨戸を取り付けることや台風に強い屋根材・外壁材を選ぶことが大切です。住宅浸水に強い家にするには、盛り土によって敷地全体を高くする方法や、家の基礎を高くする高床という方法があります。住宅の立地についてもあらかじめ確認し、リスクが高い土地はなるべく避けるようにしましょう。

福島で台風・浸水に強い家づくりをするには?

注文住宅を建てるまでのスケジュール

注文住宅を建てる際、準備期間から引き渡しまで1年程度はかかります。土地探しで難航するケースもあるため、早めの行動が重要。引っ越し日が決まっている場合は、その日から逆算してスケジュールを組みます。

また、家族でしっかりと話し合い、家づくりの希望を明確にしておきましょう。その後モデルハウスの体験などを行い、具体的なイメージを固めていくのがおすすめです。

注文住宅を建てるまでのスケジュール

注文住宅の結露対策について

注文住宅の結露対策では、こまめに換気をする・風通しの良い間取りにするなどの方法がおすすめです。結露しやすい状態では、カビやダニが発生しやすく、シックハウス症候群を引き起こすことも。内部結露によって家の耐久性に悪影響を与える可能性もあるため、結露対策をしっかりと行いましょう。

注文住宅の結露対策について

注文住宅のコストをできるだけ安くする方法は?

注文住宅のコストをできるだけ安くするには、予算をしっかり決めて、あらかじめ工務店・ハウスメーカーに伝えておくことが大切です。こだわりたい部分の優先順位を決めておくと、予算を減らせる部分を明確にできます。住宅設備のグレードを落とすこともでもコストダウンになりますので、設備にこだわらないのであればグレードダウンも検討しましょう。

注文住宅のコストをできるだけ安くする方法について

天然素材で建てる家の良さは?

天然素材で建てる家は、人の体と環境にやさしく、長く快適に暮らせる住まいづくりができる点です。天然素材には独特の風合いもあり、経年とともに変化を楽しむことができます。建築コストがあがるのが心配なときは、天然素材の家に特化した工務店・ハウスメーカーに相談し、予算内で建てられるか確認することをおすすめします。

天然素材で建てる家の良さについて

2階建て注文住宅の間取りのコツ

2階建てには、1階と2階の平面形が同じで外周が揃う総2階と、床面積が1階より2階の方が小さい部分2階があります。注文住宅を建てる際は上下階の重なりを考え、効率的な導線になるような間取りにしましょう。老後の暮らしやすさを考え、階段の上り下りをしなくてすむよう水回りや寝室を1階で完結できる間取りだと安心です。

2階建て注文住宅の間取りのコツ

建てる前に考えたい注文住宅の「土地選び」

注文住宅を建てる際には、土地選びも重要です。条件の優先順位をあらかじめ決めてから土地選びを行うようにすると希望に合う土地が見つかる可能性が高いです。また、建物の種類や規模への規制や周辺環境などもチェックしておくようにしましょう。土地を探すには、インターネットを利用する方法や不動産会社に依頼する方法などがあります。

建てる前に考えたい注文住宅の「土地選び」

2025年の省エネ基準適合義務とは?

省エネ基準適合義務化により、等級など、さまざまな決まりが変更されます。そして、基本的には、省エネ性能の高い家を建てることで、多くのメリットを得られます。冷暖房費を抑えやすくなることで光熱費が安くなったり、ヒートショックの発生を防いだり、税制上の優遇を受けたり、あるいは資産価値を維持しやすくなるなどです。特におすすめしたいのが、ZEH基準(等級5)以上の家です。

2025年の省エネ基準適合義務とは?

注文住宅の流行・トレンドは?

注文住宅には、建物の形だけでなく、間取りや導入する設備にも、さまざまな流行およびトレンドがみられます。たとえば、近頃人気を博している間取りとして「広いLDK」があげられます。家族間のコミュニケーションを充実させたり、あるいは効率的な採光で住まい内部を明るくしたりするのに適した間取りです。

注文住宅の流行・トレンドは?

   高性能な住宅が予算内で建つ!
コスパ重視
注文住宅会社を厳選

注文住宅を賢くお得に建てたいなら、チェックすべきは「モデルハウスが標準仕様」の会社。福島で該当したのは2社のみ!標準仕様に自信たっぷりの2社を紹介します。

石井工務店
注文住宅の費用例
50~60万円            /坪(※1)          
施工対応エリア
福島県、栃木県、群馬県

どんな家が建つ?
公式HPで
注文住宅の事例をチェック

電話で問い合わせる

一条工務店
注文住宅の費用例
60~85万円            /坪(※2)          
施工対応エリア
全国

どんな家が建つ?
公式HPで
注文住宅の事例をチェック

電話で問い合わせる

 

※1参照元:e戸建て(https://www.e-kodate.com/bbs/thread/9572/)
※2参照元:注文住宅の達人(https://chumon-jutaku-tatsujin.com/ichijo.html)
※福島県(福島・郡山・いわき)全域にモデルハウスをもつ工務店・ハウスメーカー10社のなかで、「モデルハウスが標準仕様」と公表している会社を紹介しています(2020年5月時点)。