福島県の土地相場

公開日:|最終更新日時:

福島県のエリア情報をはじめ、市町村別の価格情報と地点ランキングを紹介します。

福島市の特徴

県庁所在地、福島市

福島県の県庁所在地である福島市は、自然に囲まれたのどかな街です。地元の名産品となっているフルーツや温泉など、観光客向けの施設も多い点が特徴です。 夜は街灯が少ないですが、基本的な治安はよく、車移動が中心となる福島県ではさほど大きな問題にならないと言えます。

落ち着いて暮らすことができる

福島県の経済の中心となっている郡山市、福島市以外の市の地価に、大きな差はありません。スーパーマーケットや学校、公園、病院など、生活に必要な設備は揃っていることから、十分に暮らしやすいと言えます。自然が多いことから、四季を感じながらのんびり暮らすことができるでしょう。

福島県の市町村別地価情報

福島県のエリア別市区町村地価をランキング形式でまとめました。金額と共に見ていきましょう。

ランキング 地名 地価
1 郡山市 66,370円/㎡
2 福島市 56,323円/㎡
3 いわき市 45,038円/㎡
4 相馬市 36,566円/㎡
5 会津若松市 36,761円/㎡

参照元:土地DATA(https://tochidai.info/fukushima/)

最も地価が高いのは郡山市

郡山市は福島県の中核市です。県庁所在地は福島市ですが、人口は福島市よりも多くなっており、実質福島県の中心都市と言えるでしょう。 商業施設が豊富であり、公園も多くなっており世代を問わず暮らしやすい街になっています。中でも桜が名所となっている公園があり、市民はもちろん春は観光客も多く訪れます。都会の良い部分と田舎の良い部分を合わせ持っており、長く暮らすことができる街です。

微々たる変動

変動率で見ると、郡山市は0.01%プラス、福島市は0.46%プラスという結果になりました。一見すると微々たる変動ですが、福島県の中では圧倒的に地価が高い2つの市と言えるため、微々たる変動であっても上昇している点は大きなポイントと言えます。 人口が他の市と比較すると集まっていることもあり、暮らしやすさや治安、子育てなど様々な観点から見ても変動率が上昇している傾向は納得感があるでしょう。

3つの市は下降傾向

対して、いわき市をはじめとする3つの市はそれぞれ1%以内には留まるものの、下降傾向が見られました。福島県内の他の市や町と比較すると暮らしやすい環境が整っている一方で、やはり郡山市・福島市が2強化していることが伺えます。

福島県の地点ランキング

それでは福島県の地点ランキングをデータで見ていきましょう。

ランキング 地名 坪単価平均
1 福島県郡山市駅前1-6-6 119万6694円/坪
2 福島県郡山市中町11-4 83万9669円/坪
3 福島県福島市栄町7-32 79万3388円/坪
4 福島県郡山市駅前2-6-4 63万4710円/坪
5 福島県いわき市平字三町目28番 53万8842円/坪

参照元:土地DATA(https://tochidai.info/fukushima/)

福島県の土地価格の動向

有効求人倍率が影響

一見土地価格とは関係が無さそうですが、郡山市や福島市と比較し他の市では、有効求人倍率がやや下降傾向にあります。企業の拠点も郡山市や福島市に集中していることから、どうしても住民も近郊に居住する傾向があるため、有効求人倍率は地価を見るにあたって重要な指標と言えるでしょう。 これまでは景気上昇の後押しもあり、有効求人倍率は大きな影響とはなっていませんでしたが、今後注視すべき数字と言えます。

郡山市の価格は安定

坪単価など様々な情報を見ても、郡山市の地価は安定していると言えます。地点変動で見ても大きな変動はなく、最も地価が安定しているエリアと言えるでしょう。

オフィス需要の低下も影響

新型コロナウイルス感染症の影響で、在宅勤務が急速に普及しました。感染拡大抑制の観点はもちろん、利益向上や達成の観点からも、オフィスを手放す企業は全国的に増えています。福島県も決して例外ではなく、特に2020年はオフィスを手放す企業が急増した年となりました。

相次ぐテナント撤退

オフィスを手放す企業が増えると、必然的にサラリーマンをターゲットとしていた飲食店や近隣施設のニーズが低下します。その結果テナント撤退も相次ぎ、結果的に商業地の地価は下落傾向にあります。 住宅を建てる際には商業地の地価は関係ないように思われるかもしれませんが、周辺の土地相場を把握する上では重要な指標と言えます。土地購入時は商業用の地価も把握しておくと良いかもしれませんね。

戸建て購入世帯の減少

一般的に戸建て購入を検討するとされる30代が、大きく減少している傾向がある福島県。ゆえに戸建て数はここ数年で大きく減少しています。この結果に伴い、そもそも住宅が減少しているという結果もあり、土地変動には大きな影響を与えるデータと言えるでしょう。

   高性能な住宅が予算内で建つ!
コスパ重視
注文住宅会社を厳選

注文住宅を賢くお得に建てたいなら、チェックすべきは「モデルハウスが標準仕様」の会社。福島で該当したのは2社のみ!標準仕様に自信たっぷりの2社を紹介します。

石井工務店
注文住宅の費用例
2,100万円 /35坪
60万円/坪

※本体価格だけでなく、工事費も含んだ費用目安です。

どんな家が建つ?
公式HPで
注文住宅の事例をチェック

電話で問い合わせる

一条工務店
注文住宅の費用例
2,594万円 /35坪
74万円/坪

※本体価格だけでなく、工事費も含んだ費用目安です。

どんな家が建つ?
公式HPで
注文住宅の事例をチェック

電話で問い合わせる

 

※2020年5月に各社に問い合わせて確認した費用を掲載しています。
※福島県(福島・郡山・いわき)全域にモデルハウスをもつ工務店・ハウスメーカー10社のなかで、「モデルハウスが標準仕様」と公表している会社を紹介しています(2020年5月時点)。