間取りの決め方について

公開日: |最終更新日時:

新しい住まいを考えるとき、間取りをどうしようと考えることになります。

どんな間取りにするかによって、暮らしやすさが変わってきますので、ポイントを抑えてしっかりと検討するようにしましょう。

間取りを考える時に押さえておきたいポイント

間取りを決める場合はどこから考えるといい?

新しい間取りを考える場合、リビングから考えることがおすすめです。これは、リビングは家の中心となりますので、この部分が決まれば他のダイニングやキッチンの場所などが決まってきます。

また、生活動線に合わせて水回りの場所なども決めやすくなります。

「生活動線」を考える時に大切なことは?

暮らしやすい住まいを作る上では、生活動線は非常に大切。これまでのライフスタイルを見直すことで、どんな動線を作れば暮らしやすいか、という点について考えることが重要になってきます。

そのため、欲しいものばかりを優先して考えると失敗しがち。今使っていないものは今後も使わない、というケースが大半だからです。

欲しいものを考えることも必要ではありますが、冷静になって「本当に必要か」という点を検討すると失敗するリスクをおさえられるでしょう。

水回りの配置も重要

また、家を建てる際には水回りをどの場所に置くか、という点も大切。寝室と浴室やトイレが近いと、夜中に音が気になってなんども起きてしまうなど、生活に支障が出てくる可能性があります。

このことから、水回りの設備は1か所にまとめてしまうことがおすすめ。さらに、給排水の設備をまとめると工事費・メンテナンス費を抑えることが可能というメリットもあります。

新鮮な空気を取り込む窓の配置

窓の配置を工夫することにより、空気の循環を良くすることができます。ポイントは1つの部屋に2つの窓を設置すること。さらに北と南、というように向かい合わせになるように配置すると、スムーズに風が通ります。

また、向かい合わせで窓を設置することが難しいようであれば、天窓を設けることもおすすめです。

収納を最優先にして間取りを考える

住まいを考える上では、収納についてもしっかりと考えましょう。まずチェックするべきは、荷物の量はどれくらいなのかを把握すること。これにより、最適な収納スペースを把握できます。

さらに、「今の荷物」を収納できるギリギリのスペースではなく、ある程度余裕持った収納を考えることも大切。これは、荷物は徐々に増えていく傾向があるためです。家事動線に合わせた収納を設置するのも良いでしょう。

間取りを決める時の注意点

これまで家づくりを経験した人の中で、「コンセントの数」について後悔している人も多くいるようです。そのため、生活動線と合わせてコンセントの数を多めに取り付けて置くことがおすすめ。

また、吹き抜けがある住まいは家が明るくなりますが、逆に暖房効率も低下しやすくなる傾向があります。このように、間取りを考える際にはメリットだけではなくデメリットも考えましょう。

子ども部屋の数に注意!

子ども部屋を作る場合には、子どもが巣立った後のことも考えておきましょう。おすすめは、家族構成の変化に合わせて変えられる間取りにする、という点。将来を見据えた間取りを考えることが大切です。

   高性能な住宅が予算内で建つ!
コスパ重視
注文住宅会社を厳選

注文住宅を賢くお得に建てたいなら、チェックすべきは「モデルハウスが標準仕様」の会社。福島で該当したのは2社のみ!標準仕様に自信たっぷりの2社を紹介します。

石井工務店
注文住宅の費用例
2,100万円 /35坪
60万円/坪

※本体価格だけでなく、工事費も含んだ費用目安です。

どんな家が建つ?
公式HPで
注文住宅の事例をチェック

電話で問い合わせる

一条工務店
注文住宅の費用例
2,594万円 /35坪
74万円/坪

※本体価格だけでなく、工事費も含んだ費用目安です。

どんな家が建つ?
公式HPで
注文住宅の事例をチェック

電話で問い合わせる

 

※2020年5月に各社に問い合わせて確認した費用を掲載しています。
※福島県(福島・郡山・いわき)全域にモデルハウスをもつ工務店・ハウスメーカー10社のなかで、「モデルハウスが標準仕様」と公表している会社を紹介しています(2020年5月時点)。